不器用

不器用を直したいこともあったけど・・・不器用だっていいじゃんと思えたら楽になる。

こんにちは、ぽむです。

 

不器用って生きづらいですよね?

何をやってもうまくいかない。なんで私ってこんななの。

自分がもう嫌・・・って悩みますよね。

私もずっと悩んできました。

 

勝手に不器用な人間代表として、

不器用を直したいと悩んでる方に、

それでもいいじゃん!ということを伝えたくて私自身の経験を書きました。

生い立ちが続くので、めんどくさい人はすっ飛ばしてね♪

スポンサーリンク

不器用な人間~生い立ち~

私は、自他ともに認める超絶不器用人間

何をするにも人の何倍も努力が必要だと感じてます。

でもその努力も悲しいかな、結構空回り。

だからえらい遠くまでいっちゃう。

「おーい、そっちじゃないよー」みたいな。そんでまた引き返して・・・の繰り返し。

そんな人生。

え、かわいそう?


「そういう星のもとに生まれたんだから」と前会社の上司に言われたこともある。

ぽむ
いや、今考えても失礼だな!!余計なお世話すぎるぞ( ;∀;)


私、スーパーポジティブなんです。だから厄介だった。

いや、ポジティブはいい言葉だ。私は、スーパー勘違い野郎だったのかもしれない。


いつも自分を信じてる。

というか、前向きに生きようと努力してます。

それが時として間違った方向へ行くことがあるので、私は気づくのに時間がかかったのだ。

幼少~優秀期

親の陰に隠れていわゆるおとなしい子でした。

長女で、親の期待を真っ向から受けて育ちました。

成績は自分でいうけど優秀で、真面目な努力家

うん、自分で言っちゃった。

県で1,2位の高校に進学が決まった時、当時の担任に「ぽむさんはこれからも地道に努力しないといけないよ☺」と言われました。

「はいっ、頑張ります!」とか模範生のような返事をしたが、当時の私はその言葉をあまり理解せず。

が、今ならわかる。

なぜならその後高校で、調子に乗ってはっちゃけた私は人生転落していくこととなる。

中学時代の担任は私がどういう人間かを見破っていたのだな~。

当時の私は自分のことを過信していたのです。

高校~残念期

栄光の中学時代から一変、

学業でも、部活動でも(マネージャーでした)、「できん奴」とレッテルを貼られ、周りから馬鹿にされるようになる。

辛くてよく泣いてたな~。

青春。←え( ゚Д゚)

大学~挑戦期

できない奴とか言われて悔しい。

私だってなにか成し遂げれるはず。

よさこい踊りチームの練習まとめるリーダーに立候補!!

今思うと、もがきながらもよくやったな〜と思う。

先輩含め何十人もの人を相手に、振付を教えたり、前に立って指導したり・・・

って美談にしてるけど、

まとめきれてたのかは別の話w

 

でもこれだけは言える。

すっごい貴重な経験できて、それは一生の財産。

 

燃え尽き症候群になり、なぜかオーストラリアへひとり逃亡したけど。英語しゃべれないけど。

ゼスチャーと顔芸でなんとかなったよ。

それが記念すべき人生初の海外。

社会という大海原に放り出される

社会に出た!!

・・・組織でも、結局はできん奴だった。

なのにスーパー勘違い野郎な私は、営業職を選んでいた。

たくさん無茶もして、私生活も荒れだして、そうして社会にもまれた結果・・・

体調を崩した。

病気になったんです。

書きながら思うが、ここまで来たらもうアホなのかもしれない。

自分を知るということ

結局、自分という人間を良く知ることってとても大事なんだな、と思う。

不器用なことが嫌で、自分を変えたくていろいろな努力もしてきました。

もちろん、そのおかげでいろいろな経験をし、素敵な人達と出会うこともできました。

それは紛れもなく大事な財産です。

でも、そうした経験を経て、自分に合う生き方を知ることのほうが幸せなのかな~、と最近思うのです。

自分に合った環境・フィールドというのが絶対あると思います。

挑戦や努力をやめるということではなく、自分の本当に居心地のいい環境に身を置いて、そこで一生懸命に生きることで、もっと生きやすくなるんじゃないかな。

不器用を直したい人へ

不器用を直したい。

そう思っている時点で、向上心があるってこと

今の自分に自信を持ってほしいです♪

 

でも、時にはそんな頑張ってる自分を客観的に見て、軌道修正をすることも必要なのかもしれません。

自分のそばにいる人の言葉を素直に受け止めてみてください。

でないと、私みたいに勘違いしたまま進んでしまうから。

 

自分に合った環境・フィールドというのは人によって導かれるものだと感じています。

周りの人に救われることって多いんです。

 

ぜひ今周りにいる人に感謝しながら、その人たちを大切にしてください。

まとめ

私は結婚して田舎に嫁ぎ、子どもも生まれました。

旦那はこんな私のことをよく理解してくれています。

今の環境がスッと自分に入ってきて、落ち着いた生活を送れています。

そして、頑張ってきた仕事もやめました。

のんびり子育てをしながら野菜作りを学んだり。

これまた素敵な経験をさせてもらってるな、と感じています。

でもその環境だけに甘えないで、努力はこの先もしていきたい。

不器用だっていいじゃないかー!!

不器用だからこそ見える世界もなかなかいいもので

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☺

 

不器用な人が生きやすくなる6つのコツはこちら↓

実体験を経てやっと分かった!不器用な人が生きやすくなる6つのコツ

続きを見る

 

-不器用

© 2021 ぽむぽむ農園 Powered by AFFINGER5